静岡呉服町名店街
マナーを守って楽しい呉服町

 自転車は押して歩行者の仲間入り 静岡自転車押し歩きキャンペーン
呉服町名店街では「静岡自転車押し歩きキャンペーン」を推進しています。

自転車は利便性の高い乗り物ですが、以前から路上駐輪や歩道内走行など歩行者とのトラブルも絶えません。道交法をきちんと理解することで自転車の正しい扱い方を身に付けましょう。

自歩道マーク歩道は本来、歩行者とそれに類する者のみ通行が可能ですが、場所によって普通自転車が条件付きで歩道内を走行出来る「自歩道(自転車歩行者道)」という、標識で指定された区域が存在します。この為に〝自転車は歩道を含めどこでも走れる〟と勘違いされていますが、自歩道指定外の歩道では自転車の走行は原則禁止されています。(※子供・老人・状況での例外事項あり)
また、仮に自歩道を走行する場合でも、歩行者の邪魔をしたり危険な目に遭わせたり、徐行スピード以上で歩行者の脇を通過したり、ベルを鳴らしてどかすなどの行為は禁止されています。人に当たってそのまま行き去ったらひき逃げになります。呉服町通り・七間町通り・紺屋町通りなどの歩道は自歩道ではない為、自転車で走行する事はそれ自体が例外事項を除き道交法違反となります。
乗車走行する場合は必ず車道の左側を走行する、もしくは1本隣りの裏道を走るなど、歩行者の安全確保に努めましょう。
※平成25年12月より路側帯の右側通行は出来なくなりました。車道は昔から右側通行禁止です。歩道の脇にある路肩部分は路側帯ではありません。

呉服町通りや七間町通りは週末時間帯によって歩行者専用道路規制され歩行者天国になりますが、規制時間中は車両は全て進入禁止です。もちろんじてんしゃに乗って走行する事も禁止。歩道・歩行者天国では自転車を降りて押す事で、歩行者として通行する事が可能です。
皆様のご協力を、どうぞ宜しくお願いいたします。


自転車安全利用五則
1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2. 車道は左側を通行
3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4. 安全ルールを守る 
◆飲酒運転・二人乗り・並進の禁止 ◆夜間はライトを点灯 ◆交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
5. 子どもはヘルメットを着用
その他、基本的なルールも覚えておきましょう。




TOP